KERSEN Polish Pottery (Ceramika z Boleslawca) Official Importer

ブログ│2016年10月 記事一覧

トップ  >  2016年10月

パンプキン by 鳴川睦

2016年10月25日

上がったり下がったりの日中の気温ではありますが、朝夕はすっかり秋らしくなりました。先日は、お気に入りの食器「パンプキン」を食卓で活躍させてみました。最初にこの食器を見た時には意識しなかったのですが、ハロウィンな雰囲気もありますよね。
Z1777image.jpg
写真:手前「パンプキン(Z1777-166A),カトラリーレスト(Z1904-41)」奥「パンプキン(Z1777-1004),カトラリーレスト(Z1904-922)」

キャンディーボックス、クッキージャーとしてご利用いただいている方も多いのですが、こんな感じで食卓にあるとなんだか気分がワクワクします。蓋をしておくと中身も謎めいていて、サプライズが好きな方には特におすすめです。何が入っているかは、カトラリーレストに置いてあるスプーンと箸の形や素材がヒントです(笑)。

Z1777image_2.jpg

答えは、スンドゥブチゲ。眺めてニンマリしてしまうほどの可愛い姿は食器棚の中での存在感も抜群ですが、いざとなったら本来のスープボウルとして活躍している「パンプキン」です。秋の特集「スープ&シチュー」には、この他にも色々なポーリッシュポタリーを使ったスープやシチューが盛りだくさん!是非ご覧ください。

カトラリースタンド by 立花

2016年10月17日

関東もここ数日でグッと気温が下がり、朝晩はスカーフやストールなどが無いと肌寒く感じるようになりました。
寒さ対策として身に着けるのはもちろん、さらっと襟元に巻くだけで少しお洒落に見える気がします。

昔から絵を描くのは苦手な私ですが、細かな作業やものづくりは大好きです。
以前はビーズやパールを組み合わせたアクセサリー作りが趣味だったのですが、最近はネイルアートに夢中です。
自宅でジェルネイルが楽しめるキットを購入してからというもの、休日はせっせと練習に励んでいます。

実際に道具を揃えてみると、ヤスリや筆などの細長いスティック状のものがたくさん!
どうやって保管しようかと悩んでいたのですが、VENA社のカトラリースタンドがちょうど良い大きさでした。

20161017.jpg
写真:カトラリースタンド(V411-A063)

コンパクトな大きさですがプラスチックの容器と違って重さがあり安定するので、作業中も倒れる心配がないところが嬉しいポイントです。
何より可愛らしい花かごのモチーフを見ていると創作意欲が湧いてくる気がします!

食いしん坊な私にとって秋といえば“食欲の秋”ですが、最近はちょっとしたアートを通じて“芸術の秋”を楽しんでいます。

バターナッツかぼちゃのスープ by 鳴川睦

2016年10月11日

このごろ野菜に敏感な立花から、バターナッツと呼ばれているひょうたん型の可愛いかぼちゃをもらいました。横須賀産です。
Z349-butternuts.jpg

食べたことが無いかぼちゃで、切ってみるとこんな感じ。顔に見立てて落書きがしたくなりました(笑)。
butternuts_cut.jpg

ほくほくというよりねっとり感が強くクリーミーで、スープやプリンには特に向いているというのも頷けます。早速週末に温かいスープを作ってみました。
名称未設定-3072.jpg
写真:ボウルφ14.9cm(Z848-912),平皿φ17cm(W200-25A),LENKAランチョンマット・赤,ディナースプーン(Z1856-166A)

バターナッツかぼちゃの表面はすべすべの瓜のような感触で、普通の日本のかぼちゃと違ってピーラーを使えたので皮むきも楽々。鮮やかな色でとてもコクのあるポタージュは、秋にぴったりのスープでした。

抹茶のクッキー by 立花

2016年10月7日

秋は祝日が多く、普段よりもちょっぴり得をしたような気持ちになります。
明日から三連休の方も多いのではないのでしょうか。

天気予報を見ると、週末の関東地方はあいにくのお天気のようです。
私は屋外のイベントへ出かける予定なので、最新の情報を常にチェックしつつ雨が降らないように祈っています。

10月に入ってから真夏日を迎えた日もありましたが、ようやく暑さも落ち着いてきましたね。
だんだん涼しくなってきたので、自然とオーブンを使う機会が増えてきました。

私の家では昔から料理よりもお菓子作りのシーンでオーブンが活躍しています。
手作りお菓子の中でも定番のクッキーは、失敗も少ないので普段からよく作るお菓子の一つです。

この日は抹茶クッキーでお茶の時間を楽しみました。
20161007.jpg
写真:オーバルトレイφ28cm×11cm(Z928-941)、平皿φ10cm(V372-U072とV372-U006),ポーリッシュマグ・小(V337-U006とV337-U072)

もうすぐやってくるハロウィンに向けて、今年はかぼちゃやオバケをモチーフにした可愛いお菓子にも挑戦してみたいと思います。

じゃがいものグラタン by 鳴川睦

2016年10月4日

ハンバーグやステーキ、ローストビーフなど肉料理の付け合わせにポピュラーなじゃがいも料理。ポーランドやドイツでも、ハムやソーセージの隣には大抵、スライスして焼いたじゃがいもやフライドポテトが添えられています。

ちょっと秋めいてきたので、温かい料理が増えてきた我が家。先日はマッシュポテトにちょっと手を加えグラタン風にしてみました。上からかけるチーズはいつもはグリュイエールやエメンタールなどを使っていますが、今回はパルメザンチーズを使いました。表面はカリッと、マッシュポテトは牛乳を多めに入れてクリーミーに仕上げると、食感のコントラストが楽しくなります。

V152-U072image.jpg
写真:ラウンドキャセロール・小(V152-U072),ピザプレート(W208-25A)

使った器は、小さいほうのラウンドキャセロール。ピザプレートに乗せているのは小さく作ったハンバーグです。皿の空いたスペースにじゃがいものグラタンを取り分けて「いただきます!」。
W208_25Aimage.jpg

CATEGORY カテゴリー

ARCHIVE 月別アーカイブ

2018

2017

2016

2015

2014

以前のブログ

TAG CLOUD タグクラウド

KERSEN online shop